【理屈上、合法だからといって否認されないわけではありません!】

節税は、こちら側が一方的に大丈夫と主張しても、

ちゃんとした適正性が無いと否認される確率が高くなります。


多くの税理士が事例、判例が多く出ていない節税には消極的な理由は、ここにあります。

また、もし税務調査で否認されてしまったら、異議申し立てなど、争ってでも合法性を認めてもらうために頑張るという手もありますが、手続きなどで多くの時間や経費も割かれてしまっては「仕事を一生懸命頑張ってた方が100倍マシだった!」ということになります。


だから、低解約の逓増定期などを組む場合は、

法人の経営状態、事業内容など細かい状況までしっかり把握して、経営の合理性の中で適正な形で節税全般と保険を活用しなければいけません。

確かに低解約の活用方法は、様々なメリットばかりが注目されています。
  • 本当に、脱税行為ではありませんか?
  • 経営のなかで合理性のある形ですか?。
  • 税務調査が入ってから後悔しても遅いです。
  • リスクを最小化するためには何が必要か、しっかり提案してもらっていますか?
  • 税務調査で節税が否認されないように、しっかりとしたスキームと、質疑応答例を準備します。

あなたが、少しでも逓増定期保険の活用に不安があるなら・・・

無料節税診断をご利用ください。
  • 経験豊富な法人専門保険担当者と税理士、コンサルタントがチームで
  • あなたに合わせた節税スキームの設計を行います。

節税診断は、完全成果報酬で行っています。

診断で、適切な節税スキームが組めなかった場合には、一切金額をいただかない、完全返金保証を付けています。

次のページの節税診断の詳細をご覧ください⇒節税診断の詳細はコチラ>>【節税診断の詳細】


節税診断の詳細

節税診断、利用者の声

節税診断の詳細

節税診断は、完全成果報酬で行っています。

診断で、適切な節税スキームが組めなかった場合には、一切金額をいただかない、完全返金保証を付けています。

次のページの節税診断の詳細をご覧ください⇒節税診断の詳細はコチラ>>【節税診断の詳細】


節税診断の詳細