逓増定期保険で失敗!その3 【顧問税理士の勉強不足】

あなたの会社の利益を損に変えてしまう…税理士の不勉強

利益が多く出てしまった時、多くの場合最初に節税を相談するのは、顧問税理士です。

そして、帰ってくる答えは、次のようなものが多いですね。

  • 30万未満の物品を購入する
  • 高級車などのリースを組む
  • 今期はあきらめて、来期の役員報酬を上げる
  • など…

    お金が出て行くだけで、手元には残らない提案か、小額しか節税できない提案ばかり・・・

    現金が流出してしまっては、節税の意味は、ありません。


    何故、顧問税理士に相談しても

    有効な節税手段を提案してくれないのか?


    この疑問は、多くの経営者が一度ならず感じたことのある疑問だと思います。

    しかし、これはある意味しょうがないとも言えるのです。

    そもそも、税理士には2つの分類があります

    1つは、通常の会計処理を依頼する、いわゆる通常の顧問税理士です。

    そしてもう1つは、M&Aなどの特殊な案件を専門とする、専門家の税理士です。

     そして節税の処理は、後者の専門家が行う案件なのです。


    つまり、節税に関する質問は、通常の顧問税理士にとって範囲外の相談であり、経験として処理した件数も少ないので、当たり前の答えしか答えることができないのです。

    しかし、顧問税理士も先生と呼ばれている以上、プライドもあります。

    「私に相談されても困るので、節税は専門家を探してください。」とは、なかなか言えません。

     M&A等に比べ節税の処理は、通常の税理士の業務と非常に近いので、得意ではないと認めることは、顧問契約を打ち切られるかも知れないという恐怖を伴うからです。

    本来、節税できるハズの金額を税理士の不勉強で損してしまっては、もったいないです。

    そんな税理士に代わって・・・

    私どもでは、保険を使って法人の利益分を経費処理し、経営者に現金で還元させる節税方法などをスキームとして提案したりします。

    私どもの目的は、適切な節税で使える現金を残してもらうことです。

    モチロン、我々もビジネスなので、これらの提案により発生するフィーは、いただいています。

     ※ フィーをクライアントからいただくことはありません。保険の契約手数料という形で保険会社から支払われる金額が私達の報酬になりますので、あなたに負担は発生しません。


    例えば、逓増定期の裏技スキームを使えば、経費で計上した分をそのまま、非課税で現金化できるため、完全に自由な現金を手元に残せます。


  • 簿外資産として、会社に何かあった際の資金としてプールすることもできます。
  • 何も無かった場合は、個人として使うこともできます。
  • こんな便利な方法ですが、この方法も使えるケースと使えないケースがありますので、次のページに詳細を記載しておきますので、そちらをご覧のうえ自分のケースで当てはまるかどうかを確認してみてください。

    次のページは、非課税で自由な現金を作る逓増定期保険の裏技です↓

    【タイミングも関係なく、非課税で自由な現金を生み出す裏技は、コチラ】


    【使える現金を残す】節税方法

      節税の目的は、

      「使えるキャッシュを残すコト!」

      節税と利益の繰り延べは、違います。

      オーナー経営者であれば、どんな形でも良いから現金を残すコトが大事ですね。

    • 売上げの予想外の減少に備え、
    • 事業で予想外の出費に備え、
    • 不測の事態で必要になる現金を蓄えておきたいですよね。

    常にキャッシュも潤沢で、黒字続き・・・だと良いのですが…

    実際には、様々な不測の事態が起こるのが経営です。

    あなたは、それらの不測の事態に備えるため、利益が出ているうちに「内部留保」を増やしたり、自らの口座に資金を蓄えておいたりしなければいけませんね。

    そこで、非課税で効率的な「現金のストック方法」を少しだけ公開しておきたいと思います。

    【例えば】

    • 役員個人への課税金額を下げる
    • 法人税非課税で、利益を現金に変える
    • 税理士は知らない節税コンサルタントだから知っている、合法的で効率の良い節税
    • 法人税で支払うはずだった現金を、個人資産に非課税で移す方法

    などなど

    モチロン、合法的かつ、すでに多くの実行事例を持つ逓増定期保険の裏技活用術ですが、このノウハウにはある落とし穴があります。

    経営者であるあなたは、どんな話にもメリットとデメリットが存在することをご存知と思います。 メリット、デメリットの両方を知ってこそ、本当に使えるノウハウかどうかの判断ができると思いますので、デメリットも公開します。

    単純に逓増定期保険を使っただけの節税ではない、節税ノウハウ。あなたの節税知識を増やす参考にご覧ください。

    ≫逓増定期の裏技活用方法を見る